不思議な体験。気功美容。

不思議な体験。気功美容。

 中国4000年の歴史がある気功と言えば、「生命エネルギー等のいわゆる『気』に拠って自己の免疫力、治癒力・調整力を高めて健康のレベルを上げ、自らその命を養う『自養其生』することを目指す健康法、とある。気功は仏教、道教等を含めた医療気功「軟気功」と武術気功である「硬気功」とに大別される。現在、中国では2000以上もの気功の流派があり、分野も様々。さすがに気功の本場だ。
医療気功は、不妊、前立腺肥大、内臓の石、顔面神経痛、癌等様々な病状の相談に応えていると言う。その中国で2年前くらいから、気功の知識を生かした美容気功法が流行り、有名な専門気功士が誕生しているとか。さっそく、印刷通販で作ったパンフレットの広告で見た美容気功所を訪ねてみた。
印刷通販中国から来日中の果鵬大師。師曰く、人は誰でも年を重ねるにつれて、体の各部の細胞が衰えて来る。ひどくなると道がつまり神経が死んでしまうと考えられ、その神経を開けて活性化するのが美容気功であると言う。さらに中国ではこうした気功を頼って、不妊、顔面神経痛、内臓の石、前立腺肥大や癌等、様々な症状の人が相談に来るらしい。著者は、その治療効果については知る由もないが、薦められるままに、気功美容を体験することになった。