交通安全ののぼり旗は設置しないで!

交通安全ののぼり旗は設置しないで!

 市街地から外に出て行くと回りに人家など無く,ぽつんと、幅が450㍉位で高さが1000㍉位の「交通安全」ののぼり旗が立てられているのをよく見かけます。恐らく、その辺りは交通事故多発地で、通行中の車やバイクなどに対しての注意喚起の旗ではないのかなと思いますが、(旗と同じくらいの縦看板も良く見かけます。)当然設置したての頃は新品で綺麗な看板だったり、目立つのぼり旗だったのでしょうが、今見ると、けっこう汚れていたり色が褪めて汚くなっているのを目にします。汚いですよね。「みんなの街をきれいにしましょう。」の標語の看板が汚れていると誰もが「おかしいな」と思います。「交通安全」ののぼり旗ももっと頻繁に交換してほしいです。いくら山の中とは言え、色のさめたのぼり旗はいただけません。経費が掛かりすぎるのであれば、期間を決めて設置するとか、他の方法を考えて頂きたいですね。それと、同じ様に、自分の大切なお店ののぼり旗は、出しっぱなしにせずしっかり管理をして使用して頂きたいと思います。営業時間が終了したならば、片付けてご利用下さる様お願い致します。(台風が近づいた時は、朝からださないことですね。風で何処かに飛んでいって、通行人に怪我をさせたり、車に当ったら大変な事になります。)