整形外科と接骨院・整骨院、整体の違い

整形外科と接骨院・整骨院、整体の違い

整形外科と接骨院・整骨院、整体の違いご存知ですか? 
接骨院、整骨院は、メスで切り開かずに、骨折や脱臼を「手だけによる外科手術」で治すところ。整形外科は西洋医学、接骨院・整骨院は東洋医学です。整体院との違いは、接骨院・整骨院が骨折・捻挫などの急性症の治療に対し、整体院は姿勢のバランス・血行・神経・脊椎・圧迫・交錯・腰痛などの慢性的な症状の治療です。
整形外科は医師国家試験に合格した医師免許を持っている人が開業した病医院。接骨院、整骨院は柔道整復師が開業したもの。整体は国家資格免許はないようです。
開業する場合は、場所の確保、ポスティング、折込み広告、フリーペーパー、ホームページなどによるPR、医療器具、備品のニトリートと整骨院開業準備、開業後はお金の管理などの経理事務的な能力も必要となるようです。
私たち患者は自分のケガや病状をよく把握して、今一番必要な治療をしてくれる医院を選ぶ必要がありますね。