3月18日は点字ブロックの日

3月18日は点字ブロックの日

3月18日は、「点字ブロックの日」です。ご存知でしたか?
これは、
1967年3月18日、岡山県立岡山盲学校に近い国道2号(現:国道250号)原尾島交差点周辺(現:岡山県岡山市中区)に世界で初めて敷設されたことに由来しています

視覚障害者の安全な歩行を助ける点字ブロック(正式名称:視覚障害者誘導用ブロック)の安全性の確保と発展を目指して、社会福祉法人・岡山県視覚障害者協会が2010年に、「3月18日を点字ブロックの日」と制定しました。点字ブロックは、安全交通試験研究センターの初代理事長である三宅精一という方が友人の失明をきっかけに1965年に世界で初めて、発案・発明しました。
このとき、世界の国々には音響信号機はあったが、危険を知らせる誘導をかねた敷設物は存在しなかったため、各国の専門家は大きな興味を示し、多くの方々から意見や賞賛の言葉が寄せられたようです。

ひとりの熱い情熱が、世界中の視覚障害者の助けになっているなんて、素敵なお話ですね。