伊丹市のまとめ

伊丹市のまとめ

明治22年、川辺郡伊丹町が誕生。
昭和15年に伊丹町は稲野村と合併(がっぺい)し、県内で7番目、全国で174番目に誕生した市「伊丹市」となりました。

その後、神津(かみつ)村と合併(昭和22年)、長尾村の一部を編入(昭和30年)し、今の伊丹市域となりました。

現在は大阪市などの大都市のベッドタウンとして人気があり、賃貸マンションなど賃貸物件も数多くありますが、賃貸から分譲物件に移り住みそのまま伊丹市に住み続ける人も多く一度住むとなかなか離れなくなる人が出るような魅力のある街です。前述の通り歴史も深く散策するだけでも毎日なにか発見できるかもしれない懐の深い町です。賃貸物件 伊丹市の空室情報あまり知られていないかもしれませんが伊丹市はなぎなたで非常に有名です。
なぎなた連盟本部があり、なぎなたと深い関係のある伊丹市。
地域活性化センターの助成を受けて、青少年スポーツ支援と地域活性化をめざすスポーツ拠点づくりの事業として、高校生のなぎなたの全国大会を毎年3月に、伊丹スポーツセンターで開催しています。

この大会では、高校生の全国大会公式戦として初めて男子の個人競技も取り入れられました。
なぎなた競技の一層の普及・振興につなげたいと思っています。

平成17年度から開催されていて、10年間以上ににわたり実施します。

今では男子のなぎなたもあるようですね。