テレビはなくならないのか

テレビはなくならないのか

テレビよりインターネットの時代になりつつある。最近のテレビでは、アニメ、ドラマの視聴率が低迷している。

また、低俗なクイズや金持ちが行きそうな所の食べ歩きツアー、有名人の雑談を用いたお笑い番組がほとんどを占め、ドキュメンタリーの番組が少ない。

バカらしく思えてくる時がある。

ポケット型ゲーム機が発展したことで、テレビとゲームのつながりも薄れてきている。

テレビでは見たいときに好きな番組が見れない。その点、ネットだと検索を通じて細かいところまで情報を知ることができるし、都合がいいときに好きな番組の動画をいつでも過去にさかのぼって見ることができる。

さらに、地上デジタルテレビに移行することで、テレビの買い替えができない貧乏人はテレビを見ることができなくなる。

テレビつきのパソコンを買えば、テレビもネットも一石二鳥だから、お金の無い人にはおすすめだ。

それに、地上デジタルテレビではネットにアクセスでき、テレビとネットの垣根がなくなってきている。

若者のテレビ離れ、新聞離れと言われているが、良いことなのか、悪いことなのか。

おそらく、ネットユーザーが増えて得する楽天やYahooはいいことと捉えるが、損するフジテレビ、テレビ朝日、日本テレビなどのテレビ局やテレビタレントは不快と捉えるだろう。

結局、政治の利益団体のせめぎあいや労使交渉に見られる人間の泥臭い利益の奪い合いはどんな構図にも当てはまる。

国民がほとんど知らないままで掲げられた地上デジタルテレビ移行は勝手な問題なのだろうか。

気がつけば、勝手に、「テレビを買い換えろ。そうでないと、テレビは見られなくなるぞ」と周囲から暗に優しい口調で言われるようになった。

テレビ