介護福祉士の仕事

介護福祉士の仕事

介護福祉士の仕事とは、いったいどんなものなのでしょうか?
専門的に日常生活を介護し、指導する福祉施設や在宅で、日常生活を営むことに支障があるお年寄りや障害者が、少しでも自立できるように、専門的に日常生活を介護し、本人や家族などに指導するのが介護福祉士です。
介護福祉士になるには、厚生労働大臣指定の養成施設を卒業するか、国家資格である介護福祉士試験に合格することが必要です。
ただし、平成27年度より養成施設を卒業した方でも国家試験を受験し合格しなければ、介護福祉士資格を取得出来なくなります。
つまり平成28年1月試験より、介護福祉士資格を取得するには、全ての人が介護福祉士国家試験を受験し合格しなければならなくなります。
そういった意味でも、取得しやすい今のうちに、できるだけ早く取得しておくべきでしょう。