シニアカー(電動カート)

シニアカー(電動カート)

最近街中でも多く見かけるシニアカーは、歩行が不安な高齢者などが手軽に乗れる免許不要の乗り物です。呼び方はセニアカーと言ったり電動カート、シニアカートと呼ばれることもありますが、正式には「ハンドル形電動車いす」と呼ばれ、一般的には「シニアカー」と言われています。シニアカー(電動カート)は、福祉車両に当たるため、車体の大きさは全長120cm、全幅70cm、全高109cm、最高速度は6km以下にすることなど国で細かな基準が設けられています。また、福祉用具に該当するために消費税が掛からないことや、要支援・要介護などに認定されると介護保険サービスでレンタルできるなどのメリットがあります。ただし、レンタルだと面倒な手続きやレンタル期間が終了したら返却しなければいけないなどのデメリットもあるので、じっくり長い目で検討する必要があります。現在販売されている新車のシニアカー(電動カート)のほとんどの車種は30万~40万円の価格です。けっして安い買い物ではないので購入をためらっている方も多いかと思います。そこで登場したのが「電動シニアカー アクシア」です。電動バイクのメーカーでもあるテラモーターズが低価格で高性能をコンセプトとしたシニアカー(電動カート)を開発!大手他社メーカーのシニアカー(電動カート)と比較して10~15万円ほど安価にご購入でき、連続走行距離も平均で40kmを実現しました。一回の充電にかかる電気代もわずか30円です。シニアカー(電動カート)に必要な装備は全て標準装備してこの価格は驚きです。もちろん購入後のサポートも全国に対応していて、出張修理も対応してくれる充実ぶり。メーカー保証も1年あって安心です。もし購入を検討中であれば自信を持っておすすめできるシニアカー(電動カート)です。購入するならご自宅まで配送して、簡単な運転操作の説明などのサポートも行うネット通販が便利でおすすめです。