大阪梅田の特色や遊び方

大阪梅田の特色や遊び方

大阪を代表する都市として知られるのが梅田。若いOLさんも、老練のビジネスマンも闊歩し仕事に向かいます。巨大なターミナル駅としてビジネスシーンで活躍する梅田駅ですが、それ以上に観光地としてのカラーが強いのも梅田の特徴の一つでしょう。

ただ、有名だけど、それほど行った事がないという人が多いのも梅田の特徴。文化が独特すぎて、歩み寄りにくいというイメージを持っている人もいるようです。もともとは、埋田と言われ、飲み屋さんばかりの土地だったこともあり、親御さんの中には、あまり良いイメージをお持ちでない方もいるかもしれません。

現在の、梅田の特色や遊び方は、多岐にわたります。ヨドバシカメラのような大型家電量販店は、他県から観光に訪れるほどの名所となっているし、阪急電車のカラー(マルーン)にちなんだモデルショップマルーンは、鉄道模型ファンのメッカとなりつつあります。恋愛の神様が宿るとも言われるお初天神横の商店街、阪急東通商店街はナンパの名所とも言われています。さらに、ヘップファイブは恋人たちのデートスポットとしてよりも、ランチタイムに子連れに人気のスポットともなってきました。

現在の梅田はこのように、ひじょうに幅広い年齢層の方々がディープに遊べる名所として生まれ変わっています。昭和後期~平成初期のように、若者が騒ぐ町、若者がファッションを競い合う街という側面は廃れ、子供や内向的な人たちが落ち着いて遊べる街へと遷移したのかもしれません。